So-net無料ブログ作成

シールドルーム(5) [脳のはなし]

5.究極のシールドルーム?


テネシー大学留学時のことです.スティーブ(教授の愛称)が,外で昼食を取ろうというのです.勿論OKです.場所はメンフィス市のラマーという通り沿いにあるレストランです.ラマーという通りは,結構怖い通りで,その頃は良く暴動や誘拐,殺人などが頻発していました.家の玄関は通りに面しており(これは当たり前でしょうが),何故か,昼間でも住人が椅子に座って通りを眺めているのです.この通りで車がエンストすると,あっという間に住人が集まってきて,その中には真っ赤な目をしている住人もいるという話を聞いたことがありました(今はどの様になっているのか分かりませんし,僕自身はゴルフ場に行くために通ることがたまにあるだけでした).でも,スティーブは,メンフィス一安全なレストランで,ゴア副大統領も良く行くレストランだと言ってました(ゴア副大統領はテネシー出身です).また,かなりおいしいというのです.取敢えず.スティーブのレキサスに乗って,4-5人で出かけました.しかし,そんなところに美味しいレストランがあるなんて想像できませんでした.でも,何となく興味深々でした. なるほど,そこはメンフィス一安全なレストランでした.何と,レストランの建物全体が,鉄格子に囲まれていたのです.流石,アメリカ・・・と絶句しました.スティーブは,We are safe, we are shielded. らしきことを言っておられました.なるほどこれもシールド効果だったのかと思いました...そんなことで,電気生理連中だけで盛り上がる話をしながら,2時過ぎに豪華な昼食が終わったのでした.ただ,外では暴動があったらしく,鉄格子の中から出たのは3時過ぎでした.レストランで食事した後に危険をさけながら店を出ました.それは憶えていますが,何を食べたのか,何が美味しかったのか,今では全く思い出せません. 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。