So-net無料ブログ作成
検索選択

サルが二足で歩くとき;霊長類研究所の研究会(3) [雑記]

大物の定義

僕の周りにはたくさんの大物がいる。
僕が思う一番の大物は、まだ、他の方々からは大物と思われていないようである。
少し脳天気な部分があるが、それにより生じる不都合は、大事にはならない。
簡単にそれを補い、より、レベルの高いものに作り替えることができる。
そして、この脳天気があるからこそ大物なのである。
つまり、異常なまでの高い能力があるからこそ、少し足りない部分があるだけのことかもしれない。
この異常に高い能力が大物になりうる必要条件である。
ただ、時々の脳天気に僕は悩まされることもある。
異常に高い能力は僕にはない。
脳天気もそれほどないと思っている。
どちらも、僕にとってとても幸せなことかもしれない。



共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。